‘精神疾患 請求事例’

障害厚生年金3級を受給した事例【精神疾患】

2020-12-11

障害厚生年金3級を受給した事例【精神疾患】 発症状況 SHさんは、職場での人間関係によってストレスを抱えるようになり、眩暈や不眠が出現するようになり、次第に抑うつ気分が増悪し、メンタルクリニックを受診しながら仕事を続けましたが、最後の方は働けず休職したままでした。 家事も出来ず、御子さんや御姉さん代わりに行っていた為、今の状況を変えたいとの思いから障害年金申請を考えるようになり
詳しく見る >>

障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】

2020-12-11

障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】 中学生のときに「アスペルガー」「てんかん」と診断 KDさんは、小学生時から特別支援学級に在籍し、中学生時に「アスペルガー」と診断されました。また、精神運動発作が有ったため脳外科を受診したところ、「てんかん」との診断も受けました。 子供の為にご両親が「障害年金」を考えるようになった 高校卒業後、ハローワークの障害者向け専門学校寮に
詳しく見る >>

障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】

2020-12-07

障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】 KKさんは保育園の頃から、先生方から他の子と異なる扱いをされている、と感じていました。学習面で相当の遅れがみられるようになり、知能検査を受けたところ、実年齢よりも劣っていました。成長するにつれ衝動的行為が顕著になったため、発達障害の可能性を指摘され検査を行ったところ「自閉症スペクトラム障害」と診断されました。 障害年金申請を依頼された時に通
詳しく見る >>

障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】

2020-12-07

障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】 USさんは小学生のころから学習面での遅れが顕著で友達に馬鹿にされがちであり、高学年からは不登校になりました。その後、先生からの勧めにより児童相談所にてIQ検査を実施し、療育手帳を取得しました。高校を卒業後、一般企業に就職するも短期間で転職を繰り返したことと、父が急死したことにより、障害年金の申請を御依頼されました。 当初は、御自分で障害年金
詳しく見る >>

障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】

2020-12-06

障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】 HKさんは幼少期のころから自家中毒症状が酷く、小学生時は文章を理解出来ないので学力の低下が見受けられました。中学校では不登校がちだったため、心配した親が病院受診したところ「アスペルガー障害・適応障害」と診断されました。高校を卒業した後も金属音は常に認められ、また気分の落ち込み・不安不眠といった症状も遷延して、うつ病を発症していたため、障害年金申請
詳しく見る >>

障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】

2020-12-05

障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】 SNさんは自分の行動を邪魔する声が聴こえてくるようになり、徐々に幻聴が酷くなって時に家族に暴力をふるう事も出現しました。そのため心配した母親が病院に連れて行ったところ「統合失調症」と診断されました。 病院のカルテは5年保存が基本であり、それより前の物は破棄されている事が多いのですが、SNさんの認定日当時の病院に確認したところ、カルテが残って
詳しく見る >>

請求事例

2020-12-04

精神疾患による請求事例 TNさんは個人タクシーを営んでいましたが、双極性障害を発病後、稼働性もかなり低下し、経済的に苦しく無理をして働いていました。当方に障害年金を御依頼された頃は、希死念慮も出現し不安でしょうがない毎日でした。 初診日時点での年金が国民年金だったので、障害基礎年金での申請となるため2級以上が必要となりますが、2級は「仕事が出来ない状態」が原則となります。 その
詳しく見る >>

精神疾患による請求事例

2020-11-26

精神疾患による請求事例 MHさんは学生の頃から、感情が湧かない・思考がまとまらないといった症状がありました。 そのため病院を受診し、「心因反応」と診断を受け、薬物・精神療法を続けましたが、大人になり会社に勤めてからは「統合失調」の症状が出現して、会社を退職しました。 就労意欲は強く有るものの、長くは続かず、頻回の就労を繰り返していたため、障害年金の申請を当方に委任されました。
詳しく見る >>

精神疾患による請求事例

2020-11-26

精神疾患による請求事例 TTさんは母が亡くなったのは自分のせいだと、自分を責めていて、すごく悩み眠れなくなりました。また、老人ホームの勤務で夜勤もあるため睡眠の確保に難渋していました。 そのため、病院を受診しましたが、「自分は睡眠障害であって、ウツではない」と思いこみ、通院を止めてしまいましたが、その後抑うつ状態・不眠・希死念慮が出現したため、メンタルクリニックにて治療継続し、障害年
詳しく見る >>

精神疾患による請求事例

2020-11-25

精神疾患による請求事例 YAさんは営業職に就いていましたが、退職後に知人に誘われて起業するも、騙されて借金を背負い、奥さんにも逃げられました。そのため、不安や頭痛・めまい・不眠等の症状が出現しました。 精神科を受診するも症状は一進一退でした。地元に戻りコールセンターでの就労を開始しましたが、抑うつ状態のため、自宅に引きこもりがちの生活だったため、障害年金申請を考えて当事務所に委任され
詳しく見る >>



<< 前の記事へ