精神疾患による請求事例

YAさんは営業職に就いていましたが、退職後に知人に誘われて起業するも、騙されて借金を背負い、奥さんにも逃げられました。そのため、不安や頭痛・めまい・不眠等の症状が出現しました。

精神科を受診するも症状は一進一退でした。地元に戻りコールセンターでの就労を開始しましたが、抑うつ状態のため、自宅に引きこもりがちの生活だったため、障害年金申請を考えて当事務所に委任されました。

初診日時点での加入が国民年金だったため、障害基礎年金での申請となり、支給となるには2級以上が必要となります。

障害の程度を定めている法令では「【2級】必ずしも介助は必要ないが、日常生活に著しい制限があり、活動範囲は家の中に限られる状態。」と有り、精神疾患では、就労の事実が不利に働く事もあります。

そのため、当方ではコールセンターでの勤務状況を詳細に確認し、一般就労雇用でしたが就労が困難な状況に有る事を丁寧に申立し、障害基礎年金2級の受給となりました。

「就労=不支給」とは限りません。働きながらでも障害年金を受ける事ができる可能性は有ります。

問合せ先

障害年金のご相談は、札幌障害年金相談センター(札幌市:社労士事務所)へ【全国対応】しています!

関連記事

【発達障害】障害年金を受給するための3つの条件とは?

【障害年金】初診日の証明は受給要件の1つです。

保険料の後払いは、保険料納付要件を満たしません【障害年金】

【障害年金】はいつ振込みされる?

【障害者雇用】企業が知っておくべき合理的配慮について

北海道で障害年金のご相談なら【札幌障害年金相談センター(札幌市)】(社労士事務所)