精神疾患による請求事例

TTさんは母が亡くなったのは自分のせいだと、自分を責めていて、すごく悩み眠れなくなりました。また、老人ホームの勤務で夜勤もあるため睡眠の確保に難渋していました。

そのため、病院を受診しましたが、「自分は睡眠障害であって、ウツではない」と思いこみ、通院を止めてしまいましたが、その後抑うつ状態・不眠・希死念慮が出現したため、メンタルクリニックにて治療継続し、障害年金を申請することにしました。

TTさんには内縁の夫がおりますが、障害年金では正式に籍をいれていなくても住民票上で、未婚の夫と記載がある場合、障害年金の加算対象者となります。

住民票や戸籍謄本など必要書類と供に障害年金申請書類を提出した結果、障害厚生年金2級が決定しました。

問合せ先

障害年金のご相談は、札幌障害年金相談センター(札幌市:社労士事務所)へ【全国対応】しています!

関連記事

【発達障害】障害年金を受給するための3つの条件とは?

【障害年金】初診日の証明は受給要件の1つです。

保険料の後払いは、保険料納付要件を満たしません【障害年金】

【障害年金】はいつ振込みされる?

【障害者雇用】企業が知っておくべき合理的配慮について

北海道で障害年金のご相談なら【札幌障害年金相談センター(札幌市)】(社労士事務所)