障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】

SNさんは自分の行動を邪魔する声が聴こえてくるようになり、徐々に幻聴が酷くなって時に家族に暴力をふるう事も出現しました。そのため心配した母親が病院に連れて行ったところ「統合失調症」と診断されました。

病院のカルテは5年保存が基本であり、それより前の物は破棄されている事が多いのですが、SNさんの認定日当時の病院に確認したところ、カルテが残っていたため診断書を作成して頂けました。また、認定日当時の病状・日常生活状況もお母様に詳細に聞き取りをして病歴申立書を作成した結果、認定日請求が認められ、過去5年前まで遡って障害基礎年金2級が受給されました。

問合せ先

障害年金のご相談は、札幌障害年金相談センター(社労士事務所)へ【全国対応】しています!

関連記事

【発達障害】障害年金を受給するための3つの条件とは?

【障害年金】初診日の証明は受給要件の1つです。

保険料の後払いは、保険料納付要件を満たしません【障害年金】

【障害年金】はいつ振込みされる?

【障害者雇用】企業が知っておくべき合理的配慮について

障害年金のご相談なら【札幌障害年金相談センター】(社労士事務所)