障害基礎年金2級を受給した事例【精神疾患】

USさんは小学生のころから学習面での遅れが顕著で友達に馬鹿にされがちであり、高学年からは不登校になりました。その後、先生からの勧めにより児童相談所にてIQ検査を実施し、療育手帳を取得しました。高校を卒業後、一般企業に就職するも短期間で転職を繰り返したことと、父が急死したことにより、障害年金の申請を御依頼されました。

当初は、御自分で障害年金の申請をしようと、診断書を病院に依頼しておられましたが、出来上がった診断書の内容が実情と合っておらず、当方にて、御本人の病状や日常生活を細かく、医師に言えなかった事も汲み取り、文章化してから病院に診断書の訂正依頼をしたところ、最初の診断書よりも重い内容となりました。

この結果、障害基礎年金2級が決定しました。

問合せ先

障害年金のご相談は、札幌障害年金相談センター(札幌市:社労士事務所)へ【全国対応】しています!

関連記事

【発達障害】障害年金を受給するための3つの条件とは?

【障害年金】初診日の証明は受給要件の1つです。

保険料の後払いは、保険料納付要件を満たしません【障害年金】

【障害年金】はいつ振込みされる?

【障害者雇用】企業が知っておくべき合理的配慮について

北海道で障害年金のご相談なら【札幌障害年金相談センター(札幌市)】(社労士事務所)