‘肢体の障害 請求事例’

頚椎症および顕微鏡的多発血管炎による請求事例

2020-11-25

頚椎症および顕微鏡的多発血管炎による請求事例 NKさんは会社の健康診断にて人間ドックを受診し、肺炎・器質化肺炎疑いにて循環器系の病院に入院し治療を行い、一度は退院しましたが全身状態不良となって転院し顕微鏡的多発血管炎と診断されました。また、並行して頚椎症も悪化し、四肢の脱力も強くなりました。 そのため、障害年金申請を考え、当方に御依頼をされました。 NKさんのように幾つも病気が
詳しく見る >>

高血圧から脳幹部出血、左半身麻痺に

2019-10-20

脳幹部出血による肢体障害での請求事例:高血圧から脳幹部出血、左半身麻痺に HSさんは会社で行う健康診断時に高血圧を指摘されていました。食事指導はありましたが服薬はしていなかったのですが、ある日の業務中にふらついて気を失い、そのまま即時入院となりました。 病院での診断は「脳幹部出血」であり、病状が落ち着くまでは寝たきりの状態でした。その後も左半身に麻痺があるため全く歩けず、左手も上げら
詳しく見る >>

複数の診断書が必要な更新手続きの為、とても不安。

2019-10-18

複数の診断書が必要な更新手続きの為、とても不安。 YKさんは、以前当センターで線維筋痛症の手続きを行い、障害年金1級を受給されていました。線維筋痛症の場合、肢体用と精神用の診断書の2通が必要です。 障害年金更新の時期となりましたが、体調が悪いこともありましたが、ご本人的には2通の診断書の内、片方の方が医師が変わったばかりなのでとても不安になっていました。そのため、自分では更新手続きが
詳しく見る >>

脳出血による肢体障害での請求事例

2019-10-18

診断書に記載誤りが多数あり、病院へ訂正依頼 HAさんはが外出先で下肢麻痺・後頭部痛が出現し、救急搬送されました。頭部CTで脳出血を確認し、治療を受けましたが重度の麻痺・高次機能障害・視野の欠損が残存しました。一人では生活が出来ないため、元介護職の奥様が本人の世話を全部しており、今後の事を考えて障害年金の申請を当事務所へ委任されました。 基本的に病院のカルテ保存は5年間で有り、保存期間
詳しく見る >>

交通事故による肢体障害・難聴による求事例

2019-10-17

HTさんは、自分で車を運転中に交差点で一時停止していたところ、前方からトラックに追突されました。 この交通事故により、右頸部痛や右上腕手に痺れや強い痛みが出現してしまいました。また、事故後1週間から、めまいや両耳の耳鳴りも始まり、治療を続けましたが回復はせず経過観察が続き、左耳は全く聞こえない状態になりました。 交通事故の場合の障害年金申請には、初診日証明・診断書の他に、「交通事故証
詳しく見る >>