‘精神疾患 請求事例’

精神疾患による請求事例

2020-11-25

精神疾患による請求事例 MGさんは幼少期から内気で大人しい性格でイジメにも有った。高校生の頃より、めまいや幻視が見られ、自宅に引きこもりがちだったが、専門学校に進学し、介護職に就きました。しかし、人間関係や仕事の悩み、怪我から退職して、その後、幻覚や幻聴を見たり聴いたりするようになりました。 家族が精神科に連れて行ったところ「統合失調症」と診断されました。治療を継続しましたが、病識が
詳しく見る >>

業務の多忙から発症

2019-12-04

THさんは、訪問看護ステーションの会社経営をしていましたが、多忙より意欲・集中力低下や不眠などの症状が出てきましたが、仕事への責任感から休むことが出来ずにいました。  そのような状態が続く中、スタッフから病院へ行って下さいと言われ、メンタル系の病院を受診することになりました。「うつ病」と診断を受けました。  会社もお客さまに迷惑が掛からないように周りの方たちの協力を得て廃業し、療養に
詳しく見る >>

成年後見人からのサポート

2019-10-25

精神疾患による請求事例:成年後見人からのサポート HGさんは健常児と障害児の狭間にあり、小中学校は普通学級で進学した。しかし何をやっても1~2年遅れている感じであり、いじめに遭い続けました。成長するにつれて幼児女児に興味を持ってワイセツ行為をしたり、痴漢行為に対する罪悪感がまるで無いことを心配した家族が病院を受診させたところ、アスペルガー症候群の診断を受けました。 父親との二人暮らし
詳しく見る >>

仕事の多忙と人間関係 その2

2019-10-22

精神疾患による請求事例:仕事の多忙と人間関係 その2 KHさんは転勤後より、多忙になったことと同僚との間にストレスを感じるようになり、うつ症状を発症しました。 数回の転勤で、希望部署で無かった事と仕事量が増して多忙だった事により、なかなか病院を受診出来ないうちに早朝覚醒や業務意欲低下も現れました。 精神科病院を受診して治療を始めましたが希死念慮も出始め、抑うつ症状も改善しなかっ
詳しく見る >>

仕事の多忙と人間関係が原因

2019-10-22

精神疾患による請求事例:仕事の多忙と人間関係が原因 KHさんは転勤後仕事が多忙となり、同僚との間にストレスを感じる様になりました。また、上司とも仕事上での折り合いが悪く、焦燥感・気分の落ち込み・不眠等が続きました。元々人間関係が苦手で、上記のような状態を繰り返し、精神の病院を受診しました。 「うつ病」を認め薬物治療を続けながら多忙業務・転勤を繰り返しているうちに状態が悪化し、休職して
詳しく見る >>

上司のパワハラでうつ病に

2019-10-22

精神疾患による請求事例:上司のパワハラでうつ病に HTさんは会社の上司のパワハラが酷く、具合が悪く朝起きられなくなり、会社へ遅刻がちになっていきました。嘔吐・下痢等の身体症状も出現したため、病院を受診したところ、「うつ病」と診断を受けましたが、会社上司が認めなかったため、働け無い状態となり休職を続けていました。 妻とも離婚して父親との二人暮らしとなり、自宅に籠りがちとなったので収入も
詳しく見る >>

職場での人間関係で発症

2019-10-22

精神疾患による請求事例:職場での人間関係で発症 MSさんは職場で同僚の言動の監視を指示された事を機に、強い緊張感や罪悪感を覚え動悸や息切れ・不安感・理解力の低下なども出現したため精神の病院を受診しました。 病院では「うつ病」と診断され精神療法および薬物療法を続けていましたが、数年後に自己中断しました。 その後、出勤途中に車に乗っていて追突事故に遭い、抑うつ状態が悪化してしまい、
詳しく見る >>

医師にありのまま病状を伝えれない。

2019-10-21

精神疾患による請求事例:医師にありのまま病状を伝えれない。 ITさんは介護職に就き、他のひとならやらないような量の仕事も引き受けて行っていましたが、コミュニケーションが上手く取れず、職場の上司からもイジメに遭い、ある日気持ちがフッツリと切れてしまいました。 退職してからは引きこもり状態となり、会話も支離滅裂で噛み合わなくなったため、心配した父親が受診出来る病院を探しました。 精
詳しく見る >>

部下の不始末でうつ病発症

2019-10-21

精神疾患による請求事例:部下の不始末でうつ病発症 MKさんは管理職でしたが、部下の不始末が原因で管理責任を問われ降格し、久しぶりに慣れない営業職に就きました。ノルマが達成できず、社長から人前で叱責を受けたり年下の部下だった者からも小言を言われるようになってストレスが溜まり、不眠が続き憂うつな気持ちが強くなりました。 精神病院を受診しながら会社を退職し、自営業を始めましたが大損を出して
詳しく見る >>

決意の獄中結婚。その後、うつ病発症。

2019-10-20

精神疾患による請求事例:決意の獄中結婚。その後、うつ病発症。 TSさんは「困った人を助けたい」という性分から刑務所在住の男性と獄中結婚をしました。しかしその男性は出所後はDVが酷く、骨折もさせられたため、実家に避難し離婚をしました。 DVがトラウマ的になって恐怖を感じる様になり、また、仕事でも人間関係からストレスを抱える様になって、会社にも行けなくなり、休みがちになりました。
詳しく見る >>



<< 前の記事へ 次の記事へ>>